小児歯科

当クリニックの小児歯科の特徴

恐怖感を与えない、自主性を養う診療

当クリニックでは、歯科を怖がるお子様を無理に押さえつけて診療するようなことはしておりません。お子様が自主的に治療を受けるようになるまで信頼関係を築きながら、ゆっくりと診療を進めます。

将来的な噛み合わせも考慮した治療

当クリニックの医師は噛み合わせ治療を得意としており、成長段階にあるお子様の噛み合わせが正しく行われているかを常にチェックしています。必要があれば矯正歯科のご案内もいたします。

予防から虫歯治療、矯正治療まで一括して対応

当クリニックでは、お子様向けの虫歯治療などの一般歯科から予防治療、矯正治療まで一括して対応いたします。特に矯正治療をする際には、抜歯や虫歯治療時の転院の必要がないのが魅力です。

小児歯科とは

小児歯科とは

子どもを対象とした一般歯科(虫歯などの治療)、予防治療、矯正歯科を行う診療科目です。
子どもは口腔内の変化が大きく、成長に合わせた予防や治療が必要となるため、対象年齢内には小児歯科を受診するのがおすすめです。

小児歯科の対象年齢

まだ歯が生えていない0歳児から、中学生くらいまでが対象となります。

小児歯科での痛み対策について

小児歯科での痛み対策について

当クリニックでは、極力お子様が痛みを感じないように対策しています。治療時には塗布するタイプの表面麻酔を行い、その後で電動注射器を使って一定圧で麻酔を注入して痛みを抑えています。

小児矯正とは

歯並びや噛み合わせに不正がある場合に、歯を正しい位置に動かして矯正する、子どもに特化した矯正治療です。成長時期に合わせて治療法が異なりますので、そのときどきの口腔内の状況に応じて適切な治療を行います。

当クリニックの小児矯正の種類

マウスピース型矯正歯科装置

マウスピース型矯正歯科装置は小児矯正で用いる補助的な治療法です。オーダーメイドのマウスピースを装着することで、成長段階にある子どもの顎の発達を促し、歯を正しい位置に動かしやすくします。

ワイヤー矯正

ブラケットという装置を歯に装着し、そこにワイヤーを通すことで歯を正しい位置に動かす矯正法です。矯正治療のなかでもポピュラーな治療法で、確実な治療効果が期待できます。

2×4(ツーバイフォー)

永久歯の前歯4本と両奥歯2本をワイヤーでつなげることによって歯列を矯正する治療法です。動かす歯が少ないので、少ない負担で歯列を矯正できます。※治療可能かどうかは個人の口腔内の状態によります。

小児歯科の予防治療

小児歯科の予防治療

子どもは成長段階にあるため口腔内の変化が大きくなり、虫歯や噛み合わせの不正が発生しやすくなります。そのため定期的に予防治療を受けることをおすすめです。

予防治療の頻度について

特に虫歯治療や矯正治療の必要がない子どもの場合は、基本的には4カ月に1回の通院をおすすめしています。

フッ素塗布について

歯質が弱い子どもの場合は、予防治療においてフッ素塗布を行っています。フッ素を塗ることで、歯の再石灰化を促し、歯質が強くなるメリットがあります。

小児歯科についてのご相談

小児歯科についてのご相談

子どもは成長に従って口腔内が大きく変化するので、定期的な受診をおすすめします。
気になることや不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

保険適用・医療費控除について

小児矯正は自費診療となります。ただし治療を目的としているので、医療費控除は対象となります。

お問い合わせはお気軽に
熊本市北区で治療も予防もできる歯医者です。
0歳から生涯を通じて、歯とお口の健康をサポート。
患者様の悩みにしっかりと耳を傾け、最良の診療を提案します。

ご予約・ご相談はこちら

Close Open
お気軽にお問い合わせください
 

0120-894-618

pagetop